資格と検定

簿記3級に合格

日商簿記3級を受けました。一般事務の仕事をしていましたが、経理の補助をすることもあり簿記の勉強をしたことが無い状況では振替伝票の内容の意味がわからず仕事の実務的に必要だと思うようになり受けることにしました。 最初は独学で理解してみようと思い、参考書などを購入して仕事や家事の合間に勉強をしてみましたが学生時代も普通科だったため全く考え方もわからず独学は諦め職業訓練を受けることにしました。 短期間でしたが、やはり独学ではなく講師の方の説明があるのと無いのとでは全く違いました。 独学では参考書に書いてあることを理解しようと何度も読んでみましたが、講義を受けて感じたことは簿記の基礎は理解するというよりは形式的に覚えていくしかないものだと思いました。 前半はとにかく説明され覚え練習問題を解くの繰り返しで、後半はたくさんの種類の練習問題と過去問題をとにかく解くことで答えの形を覚えるというような状況でした。簿記は練習問題一問解くのに時間がかかるので、家事の合間に時間を作ることも課題のようになっていました。30歳過ぎて勉強したので学生の時よりかなり覚えるのに時間もかかり、体力を消耗したように思いました。学生のうちに欲しい資格は取っておくほうがいいなと思いました。 1か月のうちに初歩から試験まで一気に進んだので、かなりハードでしたが短期間だったからこそ頑張れたように思います。 一度仕事を辞め、簿記取得後に一般事務・経理補助の仕事に就くことができました。面接の際に簿記3級取得を履歴書に書いたのですが、簿記3級取得とともに会計ソフトへの入力の経験があるかを聞かれました。会計ソフトは今や半数以上の会社が経理上の処理に導入しているものなので、使用経験があるというのは採用理由の一つになるかもしれません。

標準
資格と検定

男にとって資格や検定は必要?

一時期ほどのブームは無くなったけど、それでも資格とか検定の類は根強い人気がある。

ただ傾向が少し変わってきていて、以前のようないわゆる難関の国家資格の人気が無くなって受験者数が激減している。

それに変わって、ちょっとした趣味の延長のような資格の人気が上昇している。

プチ資格みたいなイメージで、気軽に簡単に取れて仕事にもちょっと役立つ系のものに人気が集まっている。

また、時代の変化に合わせて、悪く言えばブームに乗って新しい資格が続々と登場しているのも特徴だ。

はっきり言って、持っていても役に立つのかどうか疑わしい資格がたくさんあるし、そもそも男としてそういうものに頼るという発想自体がほんとはいただけない。

中途半端に頭が良いくらいだったら、何もなくて裸一貫で自分の才覚と根性だけでのし上がっていくヤクザには勝てない。

男としての価値に資格や検定なんて何のプラスにもならないんだという気持ちを常に持って、自分がやりたい仕事をするために、法律上止むを得ず資格を取るという姿勢が大事だ。

そういうスタンスでいると、試験に早く合格できるし、合格したとしても何ら慢心することなくまた努力を続けられる。

どうしても自分の弱さを認めて、それを埋めるために資格や検定でそこを補強するというのは戦略として有効だと思う。

自分できちんと理解しているのであれば問題ないし。

この資格キングのような資格情報サイトに載ってるランキングなどを参考にすると良い。

資格ランキング(女性)

就職 資格ランキング

実は成功するために必要な事って頭の良さなんかしゃなくて、どれだけ本気になれるかってことなんだよね。

簡単に言えばある事に命をかけてるやつが一番強いの。

半端な気持ちでやってる奴は、そこそこ能力が高いくらいじゃ命かけてる奴には全く勝てない。

標準